土佐歯科クリニック

虫歯治療


C1・C2

〔歯の表面(エナメル質)、
歯の内部(象牙質)まで進んだ虫歯〕

金属(治療回数2回ぐらい)
又はプラスチックによる修復(治療回数1〜2回)、
又は冠を被せる(治療回数2回ぐらい)


    





C3

〔神経又は歯周組織にまで及んだ虫歯〕

神経を抜き(右絵図左)、空洞になった歯の中を何度か消毒し
空洞を埋める薬をいれ(右絵図右)主に冠を被せる
(治療回数平均5〜6回と少しかかりますが、
 空洞のままにしたりきちんと薬を埋めておかないと
 細菌が繁殖し痛みや腫れ膿んだりする事もあり
 ひどくなるとまれに歯を抜かなくてはならない事もある大切な治療です)








C4

〔保存不可能な虫歯〕

歯を抜く










修復治療

虫歯の部分を削りコンポジットレジンやインレーをつめる


   






歯冠補綴

おもに神経をとった大きな虫歯の歯に被せ物をする。



  




ブリッジ

歯のない所に前後の歯に橋渡しをして被せる固定式の入れ歯


   





義歯

取り外しの入れ歯
(治療回数は簡単な部分入れ歯2回ぐらいから複雑な入れ歯で5〜7回ぐらい。
入れた後、使っていただいてあたる所を削ったりして患者様のお口に合わせる為
数回調整する事があります。)